平成23年2学期 変革の時、来たる!!|平成23年|園長の部屋|塚本幼稚園幼児教育学園

園長の部屋

園長の部屋

平成23年2学期 変革の時、来たる!!

 民主党議員とは、政治家という前に、人間としての当たり前の常識さえ欠落しているのか。否、日本人としての常識を持っていない、エセ(ニセ)日本人なのだということが、皆が知ることとなった。

 仕分け作業で、スーパーコンピューターの削減問答で、「なぜ、世界一でないといけないか」と担当者に質問した蓮舫(日本人ではない)である。

 国賓として招かれているブータン国王をもてなす、天皇陛下主催の宮中晩餐会に欠席して、民主党議員の応援に出席するだけにとどまらず、「陛下主催の晩餐会より議員応援の方が重要だ」と演説した一川防衛大臣。伊勢神宮が地元であるにもかかわらず、神宮には参らず、皇室をないがしろにする、中井洽前国家公安委員長(現衆院予算委員長)これも、もともと彼が持っていた、反日思想が表にでたものである。

 閣僚・党執行部も、天皇陛下お招きの昼食会に出席しながら、陛下と昼食を共にさせていただくにもかかわらず、陛下は、きちっとした身だしなみなのに、平服で(皇室尊重という気がない人たち)出席した人たち。高齢の陛下のお身体を考えずに、深夜の大臣認証式を挙行した人たち。

 もちろん、先の大戦を始めとする、我国のために亡くなった人たちを慰霊する靖国神社には、参拝しない人たち。

 我国の体力を弱め、隣の支那の国(中華人民共和国)の増強を喜ぶ人たちばかりで、菅直人前首相は、政権交代を「無血革命だ」と称し、鳩山元首相は、自民党時代に決着がついていた普天間基地問題をぶり返し、日米同盟をズタズタにし、様々な失敗が続き、支持者離れが続いても、解散・総選挙も実施しない。あと2年間で、どれ程、我国の国際的信用を失墜させるのか・・・本当に革命でも起こすつもりか?

 それが目的の現政権であれば、力づくでも退場させなければならない。

 TPP条約締結などもってのほかであり、国民の信託にこたえていない。国民の大多数が支持していない力のない政権が手を出すことではなく、この問題は、将来の日本を不利にし、弱体化するのは、火を見るより明らかであります。

 民主党政権が、日本を弱体化し、中共(支那の国)の属国にすること自体を目的にするのであれば、彼等の目的に合致しているもので、何等今までの施策行動対応不思議ではないのだが。

 東北大震災の対応のあの無能ぶりは、こうなる事が解っていて、している事なのかと疑ってみたくなる。

 支那の国に対するODAも、以前のように続け、円高による景気の弱さに対しての日銀関与の弱さも政府の無軌道さにあらわれている。

 我国の国民の程度の高さは他国と比べても秀でています。グローバリズムというけれど、おとなしく、秩序高く、和を尊び秩序を重んじる日本人が、粗野で破壊的で好戦的な西洋人の大多数で構成される、このグローバリズムにあわせなければならないのか?逆に、日本人に他の国があわせるのが、ダーウィンの進化説にあっているのではなかろうか?トップ(将軍)は平凡でも、国民(兵隊)が一流なので、すべて国民に丸投げする日本。

 逆にすべてのルールを決め、規律を決めていないと、何をするかわからない程、程度の低い兵隊と優秀な将軍に率いられているアメリカ。

 ①ライオンに率いられる羊の集団と②羊に率いられるライオンの軍団のいずれが最終勝利をするかは、歴史で見るとナポレオンは①であり、楚の項羽も①であり、②は、漢の劉邦であり、日本であろうと思う。有能な人たちはたくさんいるが、その人たちが表に出てこないのか、出られないようになっているのか。

 民主党は、日本つぶしのために、保守の人たちがアホと違うかと思う人をリーダーに選び、保守の人たちは、現状維持に汲々とするので、派閥や学閥によって表に出て欲しい人が表に出られない。

 国を隆盛にもってゆくために、東亜の安定に寄与するという目的をもって、外交力を高め、軍事力を増強し、全体としての国力を背景に、経済力を高めてゆかねばなりません。その為の基本は、我国の歴史をしっかり教え、我国の成り立ち、我国の方向性そして、ハンチントンが、世界7大文明の一つとして日本文明を支えているように、1民族・1国家・1文明という、世界史上類を見ない、皇室を中心とした日本に誇りを持つ教育をし、DNAの中に育まれた素晴らしき才能を堂々と表出せしめることが重要であります。

 先の大戦の敗戦で、日本人が勝手に独立条件と思い込んでいた東京裁判史観を早々に没却し、本格的再軍備をし、大正時代に発展していた日本的民主主義、大正デモクラシーの延長発展し、何の目的の為の民主主義なのかを国民にしらしめ、規範意識を根底にもちつつ、全てのことを自らの知識と人格の向上するためとする目的意識を持たせ、上昇気質に乗っ取った教育を幼児期から高等教育まで実施し、教育を深めねばなりません。

 大阪維新の会が、大阪府知事・大阪市長を制しました。様々な事柄を改めて、税金を上手に使ってもらわなければなりませんが、喫緊の課題は、教育改革の実施、特に教育現場を常に緊張した積極的な、教育(学問)的にもプラス、道徳的にもプラス方向に持っていき、目的意識の醸成を図る事を最重要としつつ、学力向上、人間としての資質の向上を目指すことに全力を傾注していただきたいと認識します。

園長 籠池 泰典

資料請求・お問い合わせ

資料請求・入園や各種体験授業など、お気軽にお問い合わせください。

06-6301-2166(受付時間 平日9:30〜17:00)

メールでのお問い合わせ