平成23年5月29日 海軍慰霊祭|御皇室・自衛隊関連行事|塚本幼稚園幼児教育学園

御皇室・自衛隊関連行事

御皇室・自衛隊関連行事

自衛隊 海軍慰霊祭

平成23年5月29日、大阪護国神社(大阪市住之江区)において関西水交会(旧海軍幹部)主催によります海軍慰霊祭に招かれました。
昨日からの雨。旧海軍、現海上自衛隊OBのお迎えをいただき、まずは神社正殿に集合整列。二礼二_拍手一礼の参拝をすませ、おはらいをうけ、海軍慰霊碑の前のテントにて待機。すでに海上自衛隊ラッパ隊・弔銃隊が整列を終え、出席者が集まっていました。この時には雨も小降りでしたので、慰霊碑の前での演奏を決意し、楽器をテント下に準備。式開式ののち、ラッパによる国旗掲揚。東北大震災犠牲者黙祷時に園児による国歌君が代斉唱。代表あいさつの間に雨が大降りとなっていましたが、式典は粛々と推移し、献花ののち、園児の出演となりました。
PTA役員の方々のお手伝をいただきながら楽器の装着も終わり、シンセサイザーの電源のみ濡れるとショートするのでビニールでおおうものの、子たちは楽器隊列にならび、大空讃歌・スターウオーズの2曲演奏。雨にも微動だにせず、懸命の演奏でした。
その後、教育勅語そして五箇条の御誓文を朗唱。子たちの一生懸命の姿に会場は感動につつまれました。
演奏終了後、来賓・観客の方々から「園児の一生懸命さに感動した」とか、「英霊も喜んでいらっしゃる」という言葉、海上自衛隊呉総監・陸上自衛隊の幹部・航空自衛隊幹部からもねぎらいの言秦をいただきました。先生方も雨に濡れながら懸命の指導補助。この雨の中御先祖様方のために活躍した子たちに英霊も喜ばれていると思います。
小さな子たちも、先生方も大きな得づみをしました。私たちの周りの親戚にも必ず2~3人の先の大戦での戦没者がいます。本当に喜んでいらっしゃいます。

担任より海軍慰霊祭コメント

5月入ってから、この海軍慰霊祭の戦争で亡くなられた海軍の方々の為に一生懸命練習を重ねてきました。
当日の朝から大変な大雨でしたが、子ども達の口から、「亡くなった方達が泣いて喜んでいるんや」という言葉を聞いて、子たちは頑張ってくれると確信しました。
大雨の中、全力で取り組み、子たちのまた新たな自信につながりました。最後まで弱音を吐かない子たちの心の強さを見ることができました。

ArrowArrow
Slider

資料請求・お問い合わせ

資料請求・入園や各種体験授業など、お気軽にお問い合わせください。

06-6301-2166(受付時間 平日9:30〜17:00)

メールでのお問い合わせ